So-net無料ブログ作成
検索選択
つぶやき ブログトップ
前の10件 | -

すぬ [つぶやき]

 犬だけどスヌーピーは別格です。最近はチャーリー・ブラウンがお気に入りでね。

 1612.JPG

スヌーピーミュージアム限定まめぐい。まだ中はあけていない。 


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

おのぼりGW2016 後半か? [つぶやき]

ランチはかねてから食べてみたかった穴子にチャレンジしてみました。

浅草線の日本橋駅を出て、スマホの地図を片手に見渡すと、遠くからでもそれとわかる人垣が見えました。休日に詰めかけた客をさばききれていない感じで、お待ちの方が不合理な目に合っているの風なのを傍目で見て、あきらめることにしました。別の日に出直そう、そうしよう。いつになるだろう。

http://anago-tamai.com/

他にお店の目星もなく、界隈を散策して飛び込もうと考えて歩きます。高島屋で笑点の記念展をやってて、ちょっと見てみたかったけど、おなかがすいていたからランチが優先です。食べ終わったら見に来よう。

結局、国際フォーラムが見えるあたりまで歩いてしまい、たどりついたのが茨城マルシェ。ネストビールの生が飲めますの。

image4.JPG

image5.JPG

食事後の予定は考えていませんで、銀座まできたからと、東急プラザ銀座に行ってみることにしました。入場するために列ができています。館内は身動きできないだろうことが容易に想像できます。すぐにひよる。

途中でこんなお店を見つけて立ち寄りました。銀座のジンジャー。立ち寄り記念に一品だけお買い上げ。重いものはNG。

004.JPG

そして次の目的地に決めたのは、中目黒。日比谷線で行けるところです。以前買ったこの本のお店、SMLさんです。

最高に美しいうつわ 最新版

最高に美しいうつわ 最新版

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: エクスナレッジ
  • 発売日: 2015/05/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
image1 (2).JPG
ちょうどスリップウエアの展を開催していて、齋藤十郎さんのトークイベントの最中でした。お店の中を隅々まで眺めて、結局買わずにお店を後にしました。器を選んで買うにはもう少しHPが残ってないとだめですな。
 
なにげに目黒川は風情がありまして、川沿いにおしゃれなお店が点在しています。おいしそうなチーズケーキ屋さんがあって、狭い店内にはお客さんがたくさん入っていて、外からショーケースの中が見えないほどでした。ヨハン。お取り寄せができるみたいです。覚えておこう。
image2 (2).JPG
中目黒?、目黒?そうだ、そうだよ。いやあ、すごいぞ自分。検索したら駅から近いじゃないか。
そんなわけで、ちょうどいい具合にここにたどり着く。今日の目的はここだったのか。
お店の画像がない。。。
ベアード1.jpg
フルーツフルライフシトラスIPA
ベアード2.jpg
セッションさゆり
ベアード3.jpg
パシフィックポーターで締める。ビールだけ。次はおなかをすかせてピザを食べよう。
 
このあとは東京に戻って、駅をふらふら。カルビーのお店で揚げたてのポテトをつまんでみたり。
008.JPG
007.JPG


グランスタで定番のお買いものして帰宅。結局、高島屋には戻れませんでした。

2万4千歩も歩いたわ。


コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

おのぼりGW 2016 前半か? [つぶやき]

3回目になりました。GW単独日帰り上京。

image2.JPG

今回の目的はこれです。国立西洋美術館のカラヴァッジョ展。

年末に買った日経おとなのOFFでチェックして心待ちにしておりました。TVでも日曜美術館で特集されたりして気分は盛り上がります。GWの混雑は覚悟の上、あらかじめチケットを買って開館前に並ぶよ、おー。

上野駅から人の波が上野の森に吸い込まれていきます。目的はそれぞれでしょうけど凄いなあ。開館の45分前くらいでは、まだカラヴァッジョの列は10人程度です。あれ、少な。国立西洋美術館を通り過ぎて右奥に向かう人多し。

image1.JPG

右奥は東京都美術館です。先週末から始まった伊藤若冲展ですね。あわよくばこちらと梯子しようかと企んでおりましたが、開館前からこれですから、まあ諦めますわ。

003.JPG

伊藤若冲展に人が流れたためか、予想よりはるかにすいてました。絵の真正面にしばらく立っていられるくらい。騒がれた割に人気がなかったのか心配になるよ。

法悦のマグダラのマリアもストレスなくじっくり鑑賞できました。法悦ってなんだ?白目剥いて涙流すって。

ご長寿のバルテュスと違って残した作品の数は少ないです。今回の展覧会で彼の作品は11枚で、他は彼のシンパであるカラヴァジョスキの作品でした。世界中、主にイタリアに所蔵されている彼の絵を鑑賞する旅も楽しいだろうと妄想したり。

せっかくだから常設展も見てきました。結構広くて思いのほかここでHPを消費してしまいました。

002.JPG

秋から新国立でダリ展!

館内を登ったり降りたりしてさんざん歩いておなかがすいてきましたが、お昼の予定は次のミッション後です。浅草を経由して蔵前に向かいます。

image3.JPG

カキモリです。筆記用具と紙のお店です。目的は、ここのオリジナルのスケルトンの万年筆とローラーボールです。オーダーノートも魅力的なので、待つ覚悟でチャレンジできるかどうかがレレレレレ。

005.JPG006.JPG

遂に買ってしまいました。インクカートリッジ式じゃない万年筆&ボールペン。使えるインクは無限だわー。危ないなあ。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

遅ればせながら [つぶやき]

10372018_554234904742675_253322227675002185_n.jpg

遅れるにもほどがある。

プリントゴッコだよ。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

おのぼりGW 2015 後半 [つぶやき]

 入口でチケットを買い求める人の列を眺めながら新国立美術館を後にしました。

2015-05-05T11_40_33-6a019.jpg

東京ミッドタウンにゴジラが出現。

ぐるぐる散策して適当にランチをとりました。

2015-05-05T11_40_35-b0968.jpg

次なる目的地はココ。新国立、東京ミッドタウンから歩いてすぐ。

 11013214_462706187228881_6012831129150628811_n.jpg

禁断の昼ビールです。1杯目はDead Pony Pale Ale。

11188183_462829503883216_7183394742703810215_n.jpg

2杯目はHop Fiction IPA。

11188305_462829690549864_7537414892139473430_n.jpg

で、締めの3杯目はAlice Porter。 

3000以上のお会計でオリジナルグラスのサービスをやっていました。残念ながらかなり届かず。

まだ昼間なのか、それほど混雑しておらず。それより、向かいのお店に行列ができていて、そっちが気になります。帰宅してから検索したところ、yeloというかき氷やさんでした。

適当にいろいろとお買いものしたり。

005.JPG

東京ミッドタウンの茅の舎にて。さっそくお出汁を使ってにら玉を作ってみました。上品なにら玉ができて満足。

003.JPG

同じく東京ミッドタウンの福光屋で。

福光屋に限らず、酒の肴になる美味いもんがいろいろあって、冷蔵での持ち帰りを考えなければもっと買っていたはずです。

004.JPG

できごころですな。

006.JPG

最後はいつもの東京駅グランスタで、まめぐいとビールとおいなりさんとパンを買ってこだま号で帰宅しました。

今回、おろしたてのスニーカーを履いていくという無謀なことをしましたが、意外と大丈夫でした。素晴らしい。



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

おのぼりGW 2015 前半 [つぶやき]

昨年に引き続き今年も決行。とはいえ、アバウトな計画。

一番の目的は国立新美術館のマグリット展。

同時にルーヴル展もやっていることがわかったので、無謀にもハシゴすることにしました。

開館前に並んでも、チケットを持っていないと買うために時間をロスするので、前もって買っておきます。

マグリットとルーヴルではルーヴルのほうが大混雑なはずです。どうやっても混雑して待つのはルーヴルだろうから、ここはマグリットをゆっくり見ることを優先に、開館前に並ぶのはマグリットに決定。

東京駅から東京メトロの大手町駅への乗り換えで迷子になりかけたり。千代田線は遠かった。

乗ってしまえば乃木坂駅から国立新美術館は直結しているので大丈夫。

10433943_462691507230349_5795497050132021978_n.jpg

2015-05-05T11_39_06-20963.jpg

9時半ごろ会場着。すでに人大杉。

マグリット展はそれほどの待ちではなく、しかも開館を早めるということですぐに入場。余裕で鑑賞。

かつて美術の教科書に載っていた絵画もちらほら。本物のオーラに圧倒されます。マグリットさん、デジタルの時代に生きていたら全く違う絵画を描いていただろうし、絵画じゃなかったかもしれない。意外にも色使いが気に入りました。

001.JPG

さて、マグリット展の会場から出てみると、更なる人の波がとぐろを巻いています。ランチには早いので、とぐろの最後尾につくことにしました。大きく巻いた後に、列はたたまれていきます。思いのほか列はずんずん進みます。誘導うまいなあ。

今回は主に絵画の中でも風俗画が多く集められており、背景がわからなくても楽しめる構成でした。現在のスナップ写真でもあり、広告でもあり。動画のない時代に目いっぱい表現された1枚という感じです。

人垣の合間から覗き見する感じの鑑賞でした。時間はたっぷりあっても、じっくり見るのをあきらめてしまいました。展示は83点なので、頑張れるかもでしたが。運が良かったり、ねばったりして間近で見れたものもありました。

002.JPG

ショップも大混雑でした。間近で見れた作品のポストカード買ってくればよかったなあ。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

福袋 [つぶやき]

運がないのか福袋でいい思いをしたことがない。中身がわかるものを買って、セールと同様なお得感というのはあったけど。

いいものが入ってた嬉しさが、いらんもん入ってたことでマイナスになっちゃうからだと思う。後から人にあげたり、捨てたりするのがいやなのー。食料品ならまあ食べればなくなるから許せないこともない。

本気で早起きして列に並んだりしたことないから、本当にお得な福袋を買ったことがないのかもあー。

そんなんだけど、まあ買ってみようかと手を出すのがストッキングの福袋なり。届いたら届いたでこんなはずでは、などと呟きたくなる予感ありありなので、届く前に書いておく。今年はCETTEのものを注文してみた。

楽天で見かけてまあいいかもしんないと思ったのを貼ってみる。かつて買ったことあるのもあるけど、ノーコメント。冒険しなくても、PTCの3足お試しセットなんかがお得でいいね。



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

謹賀新年 [つぶやき]

10885607_404869683012532_1084063827826400865_n.jpg

本年もよろしくお願いします。

皆様にとりましてよい年になりますように。


コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

ヴァロットン展 [つぶやき]

セミナーを受講しに上京しました。朝からのセミナーですが、終了が15時半という親切設計。

そこで、気になるこちらへ。

10612669_343790645787103_2298278153134919728_n.jpg

001.JPG

白と黒で表現された木版画のシリーズが気に入りました。厳選木版画12枚を含むカレンダーをお買い上げ。

手塚治虫を連想するような、デッサンとデフォルメとユーモアを感じます。

10410663_343703352462499_3990948007748857544_n.jpg

そして念願の東京駅グランスタ内のLE COLLIERで一杯。丸の内側から入るとすぐなのね。

COEDO Kyaraをサーバーから注いでもらいました。泡がうまいのなんの。

003.JPG

ちょっと室内が暗くていまいちな画像ですね。目移りして倒れそうになりながら厳選6本。持ち帰るにはこの量が精いっぱいです。テイスティングレポートはあちらのねこビールシリーズにて。

004.JPG

キオスクで「ホワッツマイケル」をお買い上げ。ダイジェスト版だけど、多分全部読んでる。



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

おのぼりGW [つぶやき]

皆様の予定の間隙をついて上京してきました。幸いお天気に恵まれ、地震に遭遇することもなく無事に帰ってきました。

今回は、開館と同時に美術館に入場することをミッションにしました。お目当ては東京都美術館のバルテュス展です。開館が9時半ですので、9時前に上野に着きました。まだ列はできていないものの、いかにも待ってますという風情の方たちが木陰で静かに過ごしています。時間になったら門に殺到するのかと、スマートフォンを見つつも他人の動きに神経をとがらせてみる。 9時5分頃、急にさかさかさかっと人が移動して列ができました。看板に案内してある通り、4人ずつの列があっという間にできあがり。うまく人の波にのって4列目くらいに並びました。

003.JPG

猫、椅子に座った少女。

ごんちゃんが枕にしているのは展覧会オリジナルの蜂蜜です。バルテュスが11才の時に愛猫を主人公に描いた絵本『ミツ』から作品がセレクトされています。

1時間ちょっとかけて鑑賞した後、せっかく上野の森に来たから、他の美術館か博物館も梯子しよう!と思ったのですが、そこはそれGWですから思うようにはいきません。東京国立博物館の特別展示キトラ古墳壁画は入場までに90分、壁画前までさらに30分とのことで断念。東京科学博物館の医は仁術も「混雑しています」でひよった。そんなわけで見た感じすいてそうな、国立西洋美術館のジャック・カロを見てきました。

004.JPG 

実は、誰それ?だったわけです。1592-1635の17世紀の版画家です。銅版に細い線を掘るエッチング技法を極めています。 超絶細かい書き込みを見るため、会場ではルーペを貸し出していたようです。気の遠くなる細かい作業で生まれる作品は近くによって間近で眺めて、離れて全体を眺めて、と1枚で2つの鑑賞法で楽しめます。17世紀って怖い時代だわ、としみじみ思った次第です。

上野から行きやすい場所といえば、浅草方面かな。どうせならスカイツリーの根本へ行ってみよう!ま、さすがに展望台へ登れるとは思ってませんけど、そらまちはちょっと見てみるべ。できれば食事なんかしたり。

写真 35.JPG 

見上げて写真撮ってる人がいなければ、気付かないほどの近さ。もう想像した通り、どこもかしこも人だらけで、 身動きとれず。食事の行列もとぐろを巻いてます。今度は、展望台とプラネタリウムのチケットをとっておこう。朝が早かったせいで、お腹がすいてます。たまらなくすいてます。よし、浅草で天丼とか、いいよねいいよね。

浅草駅の改札を抜けると、更なる人の波が。もう、流されていくしかない。。。方角が全く分かってないけど、流れの先にはきっと雷門があるに違いない。この状態で地震が来たら死ぬかも、という恐怖で引き返すタイミングを測る。

写真 33.JPG

とりあえず、雷門まで流されたので、ここで逆の流れに身をゆだねて引き返しに成功。

天丼。。。TT

写真 41.JPG

せっかくだから撮っとく。 

写真 40.JPG

タワーが傾いてしまったけど載せとく。 

やぶれかぶれで立ち寄ったのは競馬中継に見入るおじさんたちが昼間っから飲んだくれてるカウンター。

浅草の混雑と比べたら、医は仁術はなんてことなかったかもなあ。 

写真 39.JPG

ソース焼きそば350円、銀のお皿が昔のスキー場のカレーライスを彷彿とさせます。これ以外に牛すじ焼きそばってのもあって、そっちにすればよかった。目の前にギネスのサーバーがあって心惹かれました。 

東京に引き返して、お土産をいろいろと物色しました。東京駅の駅弁祭にも行きました。城東電軌さんお気に入りの金目のお寿司を探してみましたが、あいにく見当たらず。取扱いはあるようですので、ちょうど欠品だったのでしょうか。

さて、東京駅といえばはせがわ酒店。まだ4時前でしたので席が空いてました、ラッキー。

写真 38.JPG

本日の季節のお酒は、栃木の鳳凰美田。

写真 37.JPG

食べる醤油は、かなりしょっぱいです。 

002.JPG

どん。

001.JPG 

どどん。

005.JPG

そらまち限定まめぐい。

楽しかったにゃ。

グラン・シャレの美学 言の葉づくし

グラン・シャレの美学 言の葉づくし

  • 作者: 節子・クロソフスカ・ド・ローラ
  • 出版社/メーカー: 世界文化社
  • 発売日: 2014/04/04
  • メディア: 単行本

 


コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション
前の10件 | - つぶやき ブログトップ