So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年04月| 2017年05月 |- ブログトップ

おのぼりGW2017 その2 [つぶやき]

 国立新美術館から東京ミッドタウンを横目で見て大江戸線六本木駅へ。ここまで来てミッドタウンに立ち寄らないのも初めてでござる。向かうのはかの地。

IMG_3349.JPG


はい、月島です。もんじゃストリートは賑わっていて、外で順番待ちしているところがたくさんあります。ここで並んで「ひとりもんじゃ」する勇気はなくセブンイレブン月島店(?)でイートイン。


IMG_3372.JPG


この橋は特徴的ですね。虹のビルも見えます。


IMG_3367.JPG


レトロな街の向こうにそびえるタワーマンション。


013.JPG

この煙突。


014.JPG

水辺の街。


IMG_3362.JPG


階段を駆け上がると川が見えます。


011.JPG


神社です。ちゃんとお賽銭上げてお参りしてきました。


IMG_3373.JPG


水面に揺れる光。


IMG_3375.JPG


霊岸島水位観測所。


はい、いわゆる聖地巡礼です。


076.JPG


image.jpeg


がっつり予習して、コミックスは持っていきませんでした。


大江戸線を使えば、国立競技場前まで1本ですが、ここはやはり桐山君のように東京駅まで歩いて行ってJR線に乗り、千駄ヶ谷駅で降りなければなりません。レッツウォーク!





コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

おのぼりGW2017 その1 [つぶやき]

IMG_3345.JPGIMG_3344.JPG


 恒例のおのぼりGW、今年も行ってきました。目的はミュシャ展です。混雑は覚悟の上で、開館前から並ぶことにして早めに出発しました。案の定乃木坂駅の改札を出た途端、列の最後尾につくことになりました。それでも、予定より30分早く開館となりまして、さくさくと入場することができました。

 20枚揃っての初来日というスラブ叙事詩は6メートル×8メートルという大きな絵画で、ホールのような空間に展示されていました。アール・ヌーヴォーのポスターがであまりに有名で、スラブ叙事詩のことは今回のことで初めて知りました。1枚の絵画に何人描かれているかを数え立て見たくなるほどたくさん書き込まれており、映画の数カット分が描かれているかのようです。写真撮影が可能な絵画もありまして、ほぼ人影が入らない状態ですべて撮影できました。

 こんなこと言っていいのかどうか、漫画のカラーページのようです。輪郭をとっているからかもしれません。ミュシャ独特の人物タッチで、それはポスターのものと同じタッチです。漫画家の原画の最高峰のような。


 たっぷり堪能して会場をでたら、入場待ちが30分になっておりました。あわよくば、同時に開催されている草間彌生展もみるつもりでしたが、こちらも入場待ち20分、さらにショップのレジ待ちも20分とのこと。チケット売り場も長蛇の列でしたので、ショップだけ。

072.JPG073.JPG075.JPG


迷った末に買わなかったYanoiちゃんプラッシュ、買えばよかったな。


今回の目的地はここだけではないのです。数日前に思い立ったあの場所へ、いざ。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

2017年04月|2017年05月 |- ブログトップ