So-net無料ブログ作成

『偉大なる、しゅららぼん』万城目 学 [読んだ本]

IMG_3887.JPG

カバーを取って撮ってみました。

いままでの『鴨川ホルモー』とか『鹿男あをによし』、『プリンセストヨトミ』の流れを汲む、その土地に生きるものに流れる選ばれし系譜の血と不思議な能力が、現代で炸裂する、あり得ないけどあったら楽しくて迷惑な事件を描いた物語です。

今回の舞台は琵琶湖湖畔。その土地を治める領主と過去の覇権争いが現代に蘇るというのがモチーフです。ちょうどプリンセスゴールドの今月号の付録についている『ドラッヘンの騎士』を立ち読みしてきたところです。先祖代々の土地に暮らす人々がいるということは、その土地には自分のご先祖が眠っているということで、過去のわだかまりを抱えて生きている人もいるんだろうなあ、とぼんやり思いました。私のご先祖は某○○藩の役職にいたのだとか。。。よくわからんが。桜の綺麗なところだそうで、一度いってみたいものだ。

この「しゅららぼん」という語感がなんともいえないのです。『鴨川ホルモー』のときのような、なにか得体の知れない音を文字に置き換えたのだろうなあ、というのは想像に難くないわけで、今回もその通りなのです。先日記事に書いた焼き菓子やさんの店名が『セティボン?』だったり、『ウィッシュボン』とか『キルフェボン』という洋菓子屋さんもあるし、『くくれぼん』(ふざけた名前だが結構旨いカレー屋さんだあ)もあるし、和のなかに洋が香る語感なのです。

各章毎に織り込んであるイラストもいいのよ。『鴨川ホルモー』のときからのイラストレーターさんで、一貫した万城目ワールドを演出しています。

笑えますんで、連休中の娯楽的読書に是非。

プリンセス GOLD (ゴールド) 2011年 05月号 [雑誌]

プリンセス GOLD (ゴールド) 2011年 05月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • 発売日: 2011/04/16
  • メディア: 雑誌


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。