So-net無料ブログ作成
検索選択

『無伴奏』 小池真理子 [本]

IMG_2417.JPG

舞台は1960年代の仙台です。

作品の空気感のようなものを、匂いまで感じることができるかどうかは、街を知っているかどうかで大きく変ってくるのではないかと思います。この作品に限らず、舞台となる地を理解しているかどうかで味わいの深さが違います。

ストーリーよりも街の匂いの記憶にむせました。実際に北山の近くの寺の離れに住んでいたのは、誰だったか。大学のとある部屋の印刷機とか。和菓子屋さんとか。記憶の底にあるものが浮かんできそうでした。

ここを舞台に選んだ作者の目論見にまんまと嵌ってしまったようです。残念ながら時代が大分違います。60年代に学生だったなら、時代の放つ匂いも思い出して感慨に浸れることでしょう。

無伴奏 (集英社文庫)

無伴奏 (集英社文庫)

  • 作者: 小池 真理子
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1994/09
  • メディア: 文庫


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。